巨石文化(読み)キョセキブンカ

大辞林 第三版の解説

きょせきぶんか【巨石文化】

巨石遺構が多く残存する西ヨーロッパの、紀元前4000~前2000年の新石器時代文化。ヨーロッパ以外にも散在する巨石遺構とその文化をさす場合もある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の巨石文化の言及

【イギリス】より

…新石器時代から青銅器時代にかけて,地中海方面よりイベリア人,中欧方面よりベル・ビーカー人と呼ばれる人びとが移住し,大陸の文化をもたらした。巨石文化もその一つで,ストーンヘンジが代表的遺跡である。青銅器時代には気温はさらに上昇し,イギリス諸島はしだいに大陸から分離して,現在のような島になった。…

※「巨石文化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android