コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラージャパーライヤム Rājapālaiyam

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラージャパーライヤム
Rājapālaiyam

インド南部,タミルナードゥ州南西部の都市。コモリン岬北方約 150km,ウェスタンガーツ山脈東麓に位置。綿花加工と綿織物が盛ん。 1961年大規模なセメント工場が完成。テルグ語を使用するラージュ族が住む唯一の都市。人口 11万 4042 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android