コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラージャパーライヤム ラージャパーライヤム Rājapālaiyam

1件 の用語解説(ラージャパーライヤムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラージャパーライヤム
ラージャパーライヤム
Rājapālaiyam

インド南部,タミルナードゥ州南西部の都市。コモリン岬北方約 150km,ウェスタンガーツ山脈東麓に位置。綿花加工と綿織物が盛ん。 1961年大規模なセメント工場が完成。テルグ語を使用するラージュ族が住む唯一の都市。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラージャパーライヤムの関連キーワードコインバトールタミルマドゥライムンドゥコージコードセーラムタミルナドゥブリハディーシュワラ寺院アンナードゥライタンジャーブール