コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラーツケベ ラーツケベRáckeve

1件 の用語解説(ラーツケベの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ラーツケベ(Ráckeve)

ハンガリー中部の町。ドナウ川の中州チェペル島に位置する。15世紀半ば、ハンガリーウラースロー1世ポーランドウワディスワフ3世)が、オスマン帝国軍の侵入により難民となったセルビア人を移住させたことに起源する。正教会唯一とされる15世紀末建造のゴシック様式の教会や、ハプスブルク家に仕えた名将オイゲン公が建てたサボイ宮殿がある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone