コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・レニー Gabriel‐Nicolas de La Reynie

世界大百科事典 第2版の解説

ラ・レニー【Gabriel‐Nicolas de La Reynie】

1625‐1709
パリ市初代警視総監(在職1667‐97)。リムーザン地方の官職ブルジョアジーの出身。1661年以来,請願審理官を務め,67年パリのシャトレ裁判所に新設された警視総監の職に就いた。30年の長きにわたって,首都パリの治安維持,生活環境の改善に大きく貢献し,国王の信頼も厚かった。警邏(けいら)隊の組織,街灯の設置,乞食の取締りなど,彼の功に帰されるものが多い。79‐82年の間は,ブーランビリエ侯爵夫人にまつわる,宮廷をも巻き込んだ〈毒薬事件〉を裁く特設裁判所の裁判長を務め,その公正な態度は称賛の的となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ラ・レニーの関連キーワードJamesジェームズチャールズ1世ポール・ロアイヤル運動東山天皇エリザベス朝ジェームズ[1世]チャールズ[1世]ジェームズ[1世]ジェームズ1世

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android