コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・レニー Gabriel‐Nicolas de La Reynie

1件 の用語解説(ラ・レニーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラ・レニー【Gabriel‐Nicolas de La Reynie】

1625‐1709
パリ市初代警視総監(在職1667‐97)。リムーザン地方の官職ブルジョアジーの出身。1661年以来,請願審理官を務め,67年パリのシャトレ裁判所に新設された警視総監の職に就いた。30年の長きにわたって,首都パリの治安維持,生活環境の改善に大きく貢献し,国王の信頼も厚かった。警邏(けいら)隊の組織,街灯の設置,乞食の取締りなど,彼の功に帰されるものが多い。79‐82年の間は,ブーランビリエ侯爵夫人にまつわる,宮廷をも巻き込んだ〈毒薬事件〉を裁く特設裁判所の裁判長を務め,その公正な態度は称賛の的となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラ・レニーの関連キーワード警察官警視総監警視庁総監地方警務官警察庁長官と警視総監小倉謙藤沼庄平池田克彦

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラ・レニーの関連情報