コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リコレッタ岩 リコレッタがんricolettaite

岩石学辞典の解説

リコレッタ岩

デルターが最初に記載してヨハンセンが命名した岩石[Doelter : 1902, Johannsen : 1920].暗色で弱いアルカリ性の斑糲(はんれい)岩で非常にCaに富む斜長石を含む岩石である.灰長石は40%で,チタンオージャイトを40%含み,正長石や少量の黒雲母,橄欖(かんらん)石などを含んでいる[Johannsen : 1920].イタリア,南部チロル地方のモンゾニ(Monzoni)山,リコレッタ(Ricoletta)に因む.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

リコレッタ岩の関連キーワードデルター