リチャード リー(英語表記)Richard Li

現代外国人名録2012の解説

リチャード リー
Richard Li


国籍
カナダ

専門
実業家

肩書
パシフィック・センチュリー・グループ(PCG)会長・CEO

別名
中国名=李/沢楷

生年月日
1966

出身地
香港

学歴
スタンフォード大学(コンピューター工学)

経歴
香港最大の財閥を率いる長江実業会長、李嘉誠の二男。米国で教育をうけたのち、カナダ国籍を取得。1990年香港に戻り、ハッチビジョン(Hutch Vision)グループの中核の複合企業ハチソン・ワンポワに参加して帝王学を学ぶ。’91年5月アジア全域への衛星放送・スターテレビを始め、世界の話題を集める。’93年スターテレビの全保有株をルパート・マードックに売却し、パシフィック・センチュリー・グループ(PCG)を設立、会長となる。保険や不動産、通信事業などを手掛ける。’97年東京・八重洲の国鉄清算事業団用地を868億円で落札し、話題に。’99年4月インターネット企業のパシフィック・センチュリー・サイバーワークス(PCCW)を設立し、会長に就任。2000年2月香港最大の通信会社、ケーブル・アンド・ワイヤレスHKTを買収。

受賞
東京クリエーション大賞(東京ファッション協会)〔1992年〕

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android