コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中核 チュウカク

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐かく【中核】

物事の中心。重要な部分。「組織中核

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうかく【中核】

物事の中心となる重要な部分。核心。 「組織の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の中核の言及

【近代世界システム論】より

…すべての国や地域が,大きなタイム・ラグを含みつつ,いずれは封建社会から近代資本主義社会へ移行していく,とする単一の発展段階論を前提とする一国史観とは逆に,大航海時代以後の世界は,銀などの貨幣素材,砂糖,茶,ゴム,石油などの換金作物・製品などの大規模な分業システムとして成立している。システムの内部は,自由な賃金労働を主体とする〈中核〉地域と,歴史的にいえば何らかの〈強制〉労働が中心となった〈周辺〉,およびその中間としての〈半周辺〉などに機能分化している。16世紀の成立期には,西欧が中核,再版農奴制の東欧やエンコミエンダや奴隷制のラテン・アメリカが周辺,折半小作制の南欧が半周辺を構成した。…

※「中核」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

中核の関連キーワードだて歴史の杜カルチャーセンターシングルコアプロセッサー障害者職業総合センタージェイエフイースチールオリンピック種目新基準コア・コンピタンスコア・コンピタンス治験拠点医療機関ヨーロッパ共同体日曹コンツェルンブランド・ネームマイクロカーネル補完的自己資本森コンツェルンセレンテラジン中核的支援機関ティアワン資本中核的自己資本ラマルキズム保健所政令市

中核の関連情報