コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リバト Ribat

デジタル大辞泉の解説

リバト(Ribat)

チュニジア北東部、地中海沿岸の都市スースの旧市街にある要塞跡。8世紀、アラブ人により港の防備のために築かれた。スース最古の建造物として知られる。1988年に「スース旧市街」の名で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

リバトの関連キーワードジョルジオ デル・ベッキョイーストレーク フランクブルハン(不児罕)皇后ハラハスン(哈剌哈孫)メイ渓谷自然保護区メ渓谷自然保護区辻イト子・まがるスプラトゥーン2スプラトゥーンリョコウバトカンムリバト仁宗[元]ハト(鳩)フェザー辻イト子辻まがるハト冠鳩

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android