コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リマク Rímac

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リマク
Rímac

ペルー中部,首都リマの北部の地区。リマク川北岸に位置し,東にサンクリストバルの丘がある。スペイン植民地時代の初期から入植されたところで,1610年建設の橋やデスカルソス修道院,貴族の美しい邸宅など古い建築物が残っている。現在はおもに下層階級の住宅地区となっており,スラム街もできている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

リマクの関連キーワードエチレン(植物ホルモン)ヨハネス・クリマクスセンデロ・ルミノソビルカノータ山脈サルカンタイ山アヤクチョ県ウルバンバ川アンデス文明死にいたる病アプリマク県カルムイク語アバンカイウカヤリ川死に至る病ビタルテチョシカクスコ県フニン県ウリマクペルー

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android