サンクリストバル(英語表記)San Cristóbal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンクリストバル
San Cristóbal

ベネズエラ北西部,タチラ州州都コロンビアとの国境の東約 30km,メリダ山脈の南西部山中,標高約 820mの地にあり,市街はオリノコ川水系に属するトルベス川を見おろす3段の河岸段丘を占める。周辺の農業地帯の商工業中心地で,トウモロコシキャッサバパイナップルサトウキビ,コーヒーなどを集散し,織物,なめし皮,製靴,たばこ,セメントなどの工場がある。 1561年建設の古い町で,市街はスペイン植民地時代の面影をとどめている。ベネズエラ西部の交通中心地で,パンアメリカン・ハイウェーを含む数本の道路が通る。人口 22万 697 (1990) 。

サンクリストバル
San Cristóbal

西インド諸島中部,ドミニカ共和国南部の都市。この地域での金鉱発見に伴って,1575年スペイン人が建設。イネ,コーヒー,サトウキビ,果樹ジャガイモなどの栽培牧畜の盛んな農業地帯の中心地で,農産物の集散が行われる。 1930~61年ドミニカを独裁的に支配した R. L.トルヒーヨ・モリナ生地。首都サントドミンゴの西南西約 30kmにあり,道路で連絡。人口5万 8520 (1981) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

サン‐クリストバル

(San Cristóbal) ベネズエラ西部の高原にある都市。タチラ州の州都。一五六一年にスペイン人が建設。コーヒー、カカオ、砂糖、綿花などの集散地で、南北アメリカをつなぐパン‐アメリカン‐ハイウェイが通じる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

サン‐クリストバル(San Cristóbal)

ベネズエラ西部の都市。タラチ州の州都。メリダ山脈南西部、標高約900メートルの高原に位置し、コロンビアとの国境に近い。16世紀半ばに建設され、植民地時代の古い町並みが残っている。交通の要地であり、コーヒー、砂糖、トウモロコシの集散地として発展
ドミニカ共和国南部の都市。首都サントドミンゴの西約20キロメートルに位置する。周辺でコーヒー・砂糖・バナナを産する。独裁政治を行った大統領トルヒーヨの生地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android