コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンクリストバル San Cristóbal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンクリストバル
San Cristóbal

西インド諸島中部,ドミニカ共和国南部の都市。この地域での金鉱発見に伴って,1575年スペイン人が建設。イネ,コーヒー,サトウキビ果樹ジャガイモなどの栽培と牧畜の盛んな農業地帯の中心地で,農産物集散が行われる。 1930~61年ドミニカを独裁的に支配した R. L.トルヒーヨ・モリナの生地。首都サントドミンゴの西南西約 30kmにあり,道路で連絡。人口5万 8520 (1981) 。

サンクリストバル
San Cristóbal

ベネズエラ北西部,タチラ州州都コロンビアとの国境の東約 30km,メリダ山脈の南西部山中,標高約 820mの地にあり,市街はオリノコ川水系に属するトルベス川を見おろす3段の河岸段丘を占める。周辺の農業地帯の商工業中心地で,トウモロコシキャッサバパイナップル,サトウキビ,コーヒーなどを集散し,織物,なめし皮,製靴,たばこ,セメントなどの工場がある。 1561年建設の古い町で,市街はスペイン植民地時代の面影をとどめている。ベネズエラ西部の交通中心地で,パンアメリカン・ハイウェーを含む数本の道路が通る。人口 22万 697 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

サン‐クリストバル(San Cristóbal)

ベネズエラ西部の都市。タラチ州の州都。メリダ山脈南西部、標高約900メートルの高原に位置し、コロンビアとの国境に近い。16世紀半ばに建設され、植民地時代の古い町並みが残っている。交通の要地であり、コーヒー、砂糖、トウモロコシの集散地として発展。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

サンクリストバルの関連キーワードフランシスコ フローレストゥストラグティエレスアルメリア(スペイン)モレロス・イ・パボンサンクリストバル海溝メディナ・アンガリタサンクリストバル島ガラパゴス諸島ラチャスコーナ南ソロモン海溝エルティグレソロモン諸島テネリフェ島スタイナーサンフアンアルメリアチャタム島マキラ島中野浩一リマク

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サンクリストバルの関連情報