リュウキュウツバメ(読み)りゅうきゅうつばめ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リュウキュウツバメ
りゅうきゅうつばめ / 琉球燕
Pacific swallow
[学]Hirundo tahitica

鳥綱スズメ目ツバメ科の鳥。同科ツバメ属30種中の1種。全長約13センチメートル。頭、背面は光沢ある藍(らん)黒色、下面は褐色。静止した姿での翼の先端は、尾の先に出る。[坂根 干]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のリュウキュウツバメの言及

【ツバメ(燕∥玄鳥)】より

…繁殖習性はさまざまなタイプがある。日本には,ツバメのほか,リュウキュウツバメ,コシアカツバメ(イラスト),ショウドウツバメ(イラスト),イワツバメ(イラスト)が分布している。リュウキュウツバメH.tahiticaはインド,東南アジアから南太平洋のタヒチ島まで分布し,日本では留鳥または夏鳥として沖縄諸島および奄美大島で繁殖している。…

※「リュウキュウツバメ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iPhone 11

アメリカのアップル社が2019年9月10日に発表したスマートフォン。日本では9月20日に、標準機種となるiPhone 11と、その上位機種であるiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android