コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルネット lunette

翻訳|lunette

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルネット
lunette

建築用語。扉,窓の上部に設ける半円形または弓形の窓,あるいはアーチやボールトの使用によって生れる半円形の壁面などをさす。伝統的な建築で多用されたが,近代ではパリ東駅などに用いられ,鉄道駅を強くイメージさせるデザイン要素となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のルネットの言及

【砂丘】より

… 砂の移動する領域に灌木などの障害物があると,灌木などが風成砂をトラップ(捕獲)し,その風下側に尾を引く形のネブカ砂丘が生成される。 このほかオーストラリアでは,湖の東岸に弧状に発達する砂丘が多く,ルネットlunettesとよばれる。ルネットには湖底が干上がったときに生じる粘土の小塊やセッコウなどの結晶がしばしば大量に含まれる。…

※「ルネット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ルネットの関連キーワードバトルネットワーク ロックマン エグゼ3ソーシャルネットワーキングサイトmillion momentsフレンズオブサトレップスビックス バイダーベックストリーミングサーバーRealPlayerおとなコンビニ研究所社会的ネットワークロックマン エグゼキング オリヴァードック エバンスFacebookソーシャルゲームピート デーリーリアルプレーヤーリアルオーディオGoogleバズクローズドSNSワーク・ソング

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android