弓形(読み)きゅうけい(英語表記)segment; crescent

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「弓形」の解説

弓形
きゅうけい
segment; crescent

「ゆみがた」ともいう。と,弧の両端を結ぶ線分 AB () によってできる図形をいう。このときの弧を形の弧 AB,線分を弓形の弦 ABという。弓形の弧 AB上に頂点P (A,Bとは異なる) をもつ円周角∠APBの大きさはすべて等しい。この円周角のことを,弓形の含む角,あるいは単に弓形の角という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「弓形」の解説

ゆみ‐なり【弓形】

〘名〙 弦を張った弓のような形。ゆみがた。きゅうけい。「弓なりに反る」 〔羅葡日辞書(1595)〕
※お目出たき人(1911)〈武者小路実篤〉七「尻の下った弓形(ユミナリ)の眉毛と目尻の上った大きい目とがよかった」

ゆみ‐がた【弓形】

〘名〙 弦を張った弓のような形。ゆみなり。きゅうけい。〔羅葡日辞書(1595)〕
※小公子(1890‐92)〈若松賤子訳〉八「馬は々した栗色のを弓形(ユミガタ)にし」

きゅう‐けい【弓形】

〘名〙
① 弓のように曲がった形。ゆみがた。ゆみなり。
数学で、円の弧とその両端を結ぶ弦とでできる図形をいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「弓形」の解説

きゅう‐けい【弓形】

弓のように曲がった形。ゆみがた。ゆみなり。
数学で、円の弧とその両端を結ぶ弦とによってできる図形。

ゆみ‐がた【弓形】

弦を張った弓のような形。ゆみなり。きゅうけい。
きゅうけい(弓形)2

ゆみ‐なり【弓形】

弦を張った弓のような形。ゆみがた。きゅうけい。「弓形に反る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「弓形」の解説

【弓形】きゆうけい

弓がた。

字通「弓」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android