使用(読み)しよう

精選版 日本国語大辞典「使用」の解説

し‐よう【使用】

〘名〙
① 物や人をつかうこと。
※正法眼蔵(1231‐53)弁道話「群生のとこしなへにこのなかに使用する、各各の知覚に方面あらはれず」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉三「妖婆・按摩・頓馬に至る迄を使用して」 〔管子‐軽重丁〕
② 法律で、物をこわしたり、物に本質的な変更を加えたりすることなく、その用法に従って利用すること。
民法(明治二九年)(1896)二〇六条「法令の制限内に於て自由に其所有物の使用、収益及び処分を為す権利を有す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「使用」の解説

し‐よう【使用】

[名](スル)人や物を使うこと。「会議室を使用するには許可がいる」「ストロボの使用は御遠慮ください」
[類語]行使使役しえき扱う引用クオーテーション孫引き引き合い運用利用活用所用盗用悪用転用流用通用愛用援用応用逆用供用誤用充用試用常用善用適用乱用引証引例引拠引き句引き写し転載掲載登載所載満載連載訳載載せるコピーアンドペースト引き写す使う用いるかす役立てる用立てる利する

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android