コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルースバーン ルースバーン loose barn

1件 の用語解説(ルースバーンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルースバーン
ルースバーン
loose barn

フリーバーンともいう。開放式牛舎のこと。乳牛群を放し飼い方式で飼育管理する場合の牛舎。ミルキングパーラー,給飼場,飼料・敷わらの貯蔵場,休息場,産室,育成室,屋外運動場などから成り,管理作業の省力化をはかるためにそれらを牛の生態,習性に適するよう配置する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のルースバーンの言及

【畜舎】より

…囲いが小さい場合は牛房(ペン)式または追込式などといい,大きい場合を普通放飼い式という。つなぎ飼い式で飼う方式の牛舎をつなぎ飼い式牛舎,係留式牛舎,スタンチョンバーンstanchion barnまたはストールバーンstall barnといい,牛房式の場合を牛房式牛舎またはペンバーンpen barn,放飼い式を放飼い式牛舎,解放式牛舎またはルースバーンloose barnという。ブタの収容方式には小区画の囲いの中で飼う豚房式と籠またはおり状のケージという容器で飼うケージ飼育の方法がある。…

【ルースハウジングシステム】より

…この方式がその有利性を発揮するためには,経営土地面積が広く粗飼料の供給が円滑で,その貯蔵が容易であること,労働力が得がたく機械の導入のほうが有利であること,飼育規模が大きくウシが群管理に適していることなどの条件が必要とされている。 この方式で飼う牛舎を放飼い式牛舎またはルースバーンloose barnといい,広い囲いの中には,ウシの居住の中心となる休息場および運動場,採食や飲水のための給餌場,給水場,および乳牛の場合はこれに搾乳室が設置されている。ウシは通常休息場または運動場で休んでおり,飼料を欲するときは給餌場へ,水を飲みたいときは給水場へ,ウシ自身が移動する。…

※「ルースバーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ルースバーンの関連キーワードWebサーバーリーンバーンオーバーゾーンギャラリーバーボスターンアーバードブーバーンカバーンフリーバーンシステムクイーバーネットオーバー

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone