生態(読み)せいたい

精選版 日本国語大辞典「生態」の解説

せい‐たい【生態】

〘名〙 生活の状態。生物が自然界に生活しているありさま。また、生活のありのままのすがた。
※みゝずのたはこと(1913)〈徳富蘆花〉過去帳から「死は単に此生態から彼生態に移った」
※白痴(1946)〈坂口安吾〉「商店街の生態がこんなものだとは」 〔杜甫‐暁発公安詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「生態」の解説

せい‐たい【生態】

生物が自然界に生活しているありさま。「アリの生態
人間の、社会生活におけるありのままの姿。「サラリーマンの生態

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の生態の言及

【生態学】より

…生物学の一分野であるが,どのような範囲を指すかは研究者によって異なり,定義は一定しない。このことばを最もすなおに受け取れば,生物の生態を対象とする分野ということになるが,この生態ということばそのものがかなり多義的であるうえに,一方では生態に含めるのがふつうな内容(例えば行動や習性)を生態学に含めない場合がしばしばあるのに対し,一方では生態にふつうは含めないような内容(例えば生態系の物質循環)がかなりの研究者によって生態学に含められているからである。
[概念の成立]
 そもそも生態ということばはそれ自体が生態学ということばと同時に造られたもののように思われる。…

※「生態」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android