コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

省力化 ショウリョクカ

デジタル大辞泉の解説

しょうりょく‐か〔シヤウリヨククワ〕【省力化】

[名](スル)機械化などによって、手間や労力を省くこと。「農作業の省力化をはかる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうりょくか【省力化】

( 名 ) スル
機械の導入や作業の合理化などで、手間や労働力を省くようにすること。 「作業を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

省力化
しょうりょくか
labor saving

生産過程において機械や自動制御装置などを採用することにより、労働を節約あるいは省略すること。賃金の高騰や労働力の不足に対処するには省力化が必要になるが、このような経済的理由のほか、特殊な危険作業、劣悪な作業環境下の作業、単調な作業のような非人間的作業については、人間性回復のために省力化、もしくはその極限としての無人化(ロボットによる代置)が必要である。
 省力化にはいくつかの段階がある。(1)建設機械、運搬機械の場合のように、人間労働を機械に代置する段階、(2)運搬装置と専用機械の組合せによる自動進行型生産システムの段階(デトロイト・オートメーション)、(3)自動制御型の装置生産(プロセス・オートメーション)、(4)数値制御(NC)装置、マシニングセンター(MC)、無人倉庫のような人間の判断の一部を機械に代置する段階、最後に極限としての(5)ロボット主体の無人工場の段階、である。[森本三男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

省力化の関連キーワードビルディングオートメーションオフィスオートメーションソーラーリサーチ研究所ホームオートメーションパワーマネージメント三菱マテリアルテクノ盛土式根圏制御栽培法日本パルスモーターバンキングシステム宇部テクノエンジライスセンター群管理システム不二輸送機工業山陽電子工業ルースバーンパレット方式新技術と失業太田麻之助アロン電機不耕起栽培

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

省力化の関連情報