コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ル・ブールジェ Le Bourget

世界大百科事典 第2版の解説

ル・ブールジェ【Le Bourget】

フランス北部,セーヌ・サン・ドニ県の。パリの北東5kmにある近郊都市。人口1万1021(1982)。町の北にル・ブールジェ飛行場がある。飛行場は,1914年に創設され,27年には大西洋を横断したリンドバーグがここに着陸したことで有名。ド・ゴール空港の使用開始(1974)に伴い旅客輸送機能は大幅に縮小された。2年に1回,国際航空機フェアがここで開かれる。町の南には,航空機産業をはじめ,機械,電気機器などの製造業がみられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ル・ブールジェの関連キーワードド・ゴール空港航空ショー死の勝利弟子

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android