コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛行場 ヒコウジョウ

7件 の用語解説(飛行場の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひこう‐じょう〔ヒカウヂヤウ〕【飛行場】

航空機の発着に必要な施設を備える陸上または水上の特定区域。空港。エアポート

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

飛行場【ひこうじょう】

航空機の発着のために設けられた施設。設備の整ったものから草原や空地を利用しただけのものまですべてを含む。飛行場のうち主として民間の航空輸送の用にあてるものを空港という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひこうじょう【飛行場 airfield】

航空機の発着に供するために設けられた施設。軍用と民間とを問わず,また,設備の整った大規模な施設から草原や空地を利用した程度の小規模なものまですべてを含むが,艦船の甲板上に設けられた離発着帯などは除く。飛行場のうち主として民間航空輸送の用に供されるものを空港といい,また,ヘリコプター専用の施設をヘリポートという。日本の航空法は民間飛行場を陸上飛行場,水上飛行場,陸上ヘリポートおよび水上ヘリポートの4種に分類し,さらにそのそれぞれを滑走路または着陸帯の長さによって2~9等級に分け,その設置,管理,構造,保安設備,周辺障害物の制限などについて規定している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

飛行場
ひこうじょう

空港」のページをご覧ください。

飛行場
ひこうじょう
airfield; aerodrome

航空機の発着に使用する地上または水上の特定区域。小型機しか離着陸できないような小さな飛行場,ヘリポート,軍用飛行基地,さらには水上飛行場,そして航空運送の用に供する公共用の空港などが含まれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飛行場
ひこうじょう
aerodromeairfield

航空機の離着陸に使用される陸上または水上の限定された区域。滑走路をはじめとする離着陸の滑走や離陸後の上昇、着陸進入のために必要な広さ、そのための設備を備えるほか、航空機の整備、点検、修理のための工場建物、その他必要とする施設が設けられている。法律的には陸上飛行場、水上飛行場、陸上および水上のヘリポートの4種があり、用途によって民間飛行場と軍用飛行場、また航空機の運航にあたっては、飛行計画上の取扱いによって、出発飛行場、正規(目的)飛行場、代替飛行場、予備飛行場、補助(または燃料補給)飛行場などに区分される。民間飛行場では公共用と非公共用とがあるが、とくに航空運送に用いられる公共用の飛行場を日本では「空港」といい、路線と飛行場の管理者によって第1種から第3種に区分しており、さらに滑走路の長さや幅、強度などに基づいてAからIまでの等級をつけ、飛行場のうち滑走路だけのものをエアストリップ(airstrip)とよんでいる。[落合一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

飛行場の関連情報