コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レスキューロボット れすきゅーろぼっとrescue robot

知恵蔵の解説

レスキューロボット

大規模災害地で、被災者を救助するために使われるロボット。阪神・淡路大震災を契機として日本で開発が活発化。2001年9月11日の米国の同時多発テロでは日本製のロボットも活躍した。

(築地達郎 龍谷大学准教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

レスキュー‐ロボット(rescue robot)

大地震の被害地などで、人や救助犬の入れない危険な場所に送り込んで被災者を捜し、救助するロボット。カメラや各種センサーを搭載し、遭難者の捜査にあたるもの、ブルドーザーのようなキャタピラーをもち瓦礫(がれき)撤去にあたるものなどがある。遠隔操作で動かす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

レスキューロボットの関連情報