コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レスキューロボット れすきゅーろぼっと rescue robot

2件 の用語解説(レスキューロボットの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

レスキューロボット

大規模災害地で、被災者を救助するために使われるロボット阪神・淡路大震災を契機として日本で開発が活発化。2001年9月11日の米国の同時多発テロでは日本製のロボットも活躍した。

(築地達郎 龍谷大学准教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

レスキュー‐ロボット(rescue robot)

大地震の被害地などで、人や救助犬の入れない危険な場所に送り込んで被災者を捜し、救助するロボットカメラや各種センサーを搭載し、遭難者の捜査にあたるもの、ブルドーザーのようなキャタピラーをもち瓦礫(がれき)撤去にあたるものなどがある。遠隔操作で動かす。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レスキューロボットの関連キーワード大地震災害救助犬地震の間中地震被害地台湾大地震昭和南海地震の被害地震防災戦略東海・東南海・南海地震の被害想定東海地震の被害想定

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レスキューロボットの関連情報