大地震(読み)オオジシン

デジタル大辞泉の解説

おお‐じしん〔おほヂシン〕【大地震】

だいじしん(大地震)」に同じ。

だい‐じしん〔‐ヂシン〕【大地震】

揺れが激しく、被害の大きい地震。地震学ではマグニチュード7以上の規模の地震をいい、マグニチュード8以上のものは特に巨大地震ということもある。おおじしん。→マグニチュード
[補説]「だいじしん」「おおじしん」は古くからどちらの用例もみられるが、NHK(日本放送協会)では「おおじしん」と読んでいる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

大地震(だいじしん)

1974年製作のアメリカ映画。原題《Earthquake》。監督:マーク・ロブスン、出演:チャールトン・ヘストン、エバ・ガードナー、ジョージ・ケネディほか。第47回米国アカデミー賞音響賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おお‐じしん おほヂシン【大地震】

※団団珍聞‐一号(1877)「大地震(オホヂシン)ながい帽子(しゃっぽ)がころげおち」
[補注]古くから「おおじしん」「だいじしん」が併用されたか。NHKでは「大地震」を「おおじしん」と読んでいる。

だい‐じしん ‥ヂシン【大地震】

〘名〙 大きな地震。おおじしん。
※サントスの御作業(1591)二「ブツゼンニテ Deus エ Oratio シタマエバ、タチマチ daigixin(ダイヂシン) ヲコッテ メイドウスルコト ヲビタタシ」
[補注]地震研究者の間では、特にマグニチュード七以上の地震を指していうことが多い。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の大地震の言及

【地震】より

…この揺れのことを地震動というが,一般には地震動のことも地震と呼んでいる。
[マグニチュードと震度]
 地震には,数百kmの範囲にわたって強い地震動をもたらし,大災害を生じるような巨大地震から,地震動は人体に感じられず,高感度の地震計だけが記録するような微小地震まで,大小さまざまなものがある。地震の大きさ(規模)はマグニチュードによって表示される。…

※「大地震」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大地震の関連情報