レスティワル岩(読み)レスティワルがん(英語表記)lestiwarite

岩石学辞典の解説

レスティワル岩

それまでアプライト質岩石とか閃長岩アプライトと呼ばれていた岩石.雪のように白いアルカリ閃長岩アプライトで,ほとんど全部がマイクロパーサイトの縁をもつクリプトパーサイトからなり,少量の透輝石,エジリンオージャイト,エジリン,アルヴェゾ閃石または黒雲母を含んでいる[Rosenbusch : 1896].ロシア,コラ(Kola)半島のレスティワル(Lestiware)に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android