コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

透輝石 とうきせきdiopside

翻訳|diopside

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

透輝石
とうきせき
diopside

ディオプサイドともいう。単斜晶系輝石の一種。 CaMgSi2O6 。マグネシウムの位置は最大 10%まで鉄によって置換されうる。硬度6,比重 3.3。淡緑色。ガラス光沢。短柱状結晶。劈開{110}に良好。カルシウムに富んだ堆積岩を原岩とする変成岩やスカルンに特徴的に産出する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうきせき【透輝石 diopside】

カルシウムCaに富む単斜輝石の一種。化学組成はCa(Mg,Fe2+)Si2O6で,Ca/(Mg+Fe+Ca)=0.45~0.50,Fe/(Mg+Fe)=0~0.1の組成のものをさす。淡緑色~濃緑色または白色の短柱状~粒状結晶。単斜晶系。モース硬度5.5~6.5,比重3.22~3.38。2種のへき開が発達し,約87度で交わり,へき開面は{110}と{110}である。Caに富む堆積岩やCaとMgに富む炭酸塩質の岩石が接触変成作用をこうむってスカルンになったもの,広域変成作用をうけたものの中に産する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

透輝石
とうきせき
diopside

輝石の一種で、淡色調のことが多い鉱物。板状、柱状の結晶形をするほか、粒状や繊維状にもなる。石灰質、苦灰質岩起源の変成岩類に珪(けい)灰石、ベスブ石、灰礬(かいばん)ざくろ石、苦土橄欖(かんらん)石、金雲母(きんうんも)、スカポライト(柱石(ちゅうせき))などを伴い、きわめて普通に産する。塩基性火成岩中や閃(せん)長岩質ペグマタイト中にも産する。輝石特有の劈開(へきかい)のほかに、しばしば一方向によく発達した裂開がみられる。いわゆる異剥(いはく)輝石といわれているものはこの性質が顕著なものである。英名は、ギリシア語の二つに見えるという意味から由来する。おそらく種々の晶癖(しょうへき)をもっているためであろう。[松原 聰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

透輝石の関連キーワードプラジオフォヤイト透輝石(データノート)角閃石ホルンフェルス相モンチチェリ橄欖石連続化学組成変化ホルンフェルス相ニューランズ岩ヨハンセン輝石レスティワル岩ディオプサイドワイオミング岩アリエージュ岩ウォルジディ岩セン(閃)長岩ヴァレヴァラ岩スカルン鉱物マフルアイトニクレサイトセドリック岩ラピスラズリ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android