全部(読み)ゼンブ

デジタル大辞泉の解説

ぜん‐ぶ【全部】

ある物事のすべて。みな。全体。「全部の人がそろう」「全部全部よいとは限らない」「仕事が全部終わる」⇔一部
一そろいになる書物の、すべて。全冊。「叢書の全部を復刻する」
すべて[用法]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜん‐ぶ【全部】

〘名〙
① (━する) 一そろいの書物の冊数がすべてそろうこと。また、そのそろったもの。
※発心集(1216頃か)七「全部(ゼンブ)通利し文々解釈せよとも説かず」
② 一部分に対して、その全体。総体。すべて。⇔一部
※東寺百合文書‐は・(年未詳)(鎌倉)二月一〇日・僧宗遍奉書「以平野殿年貢、一年中令進之処、去年全部不済之間、生身供及闕如」
※肱の侮辱(1907)〈国木田独歩〉「此人の心の全部(ゼンブ)が純白で透明で邪気の無い事を知りながら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android