コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レバレッジドリース leveraged lease

デジタル大辞泉の解説

レバレッジド‐リース(leveraged lease)

賃貸人がリース物件購入代金の相当部分を長期借入で調達してリースする取引。リース期間をリース物件の法定耐用年数より長くすることにより、賃貸人は課税上のメリットが得られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

レバレッジドリース【leveraged lease】

投資家から集めた資金で物件を購入し、ユーザーに貸し出すリース方式。航空会社の航空機などで多く用いられる。 〔投資家には課税所得の繰り延べ効果、ユーザーには割安なリース料金などのメリットがあるとされる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

レバレッジドリースの関連キーワードユーザー投資家

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android