レヘ(読み)れへ(英語表記)Leh

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レヘ
れへ
Leh

インド北部、ジャム・カシミール州東部、ラダック県の中心的な町。人口2万7513(2001)。インダス川上流に形成された扇状地上に位置する。チベット方面への隊商の町として栄え、旧藩王の宮殿、ラマ寺院などが残っている。周辺では小麦、豆類が栽培される。1948年印パ紛争の主戦場としても知られる。西240キロメートルにある夏の州都スリナガルとは自動車道路で結ばれる。[林 正久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android