コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隊商 たいしょう caravan

翻訳|caravan

5件 の用語解説(隊商の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

隊商
たいしょう
caravan

おもに内陸アジアの砂漠や草原地帯を安全に交通し貿易するために,ラクダやウマなどを運搬・乗用手段として隊伍を組んで商品を運んだ商人の団体。キャラバンともいう。シルクロードステップロード(→草原の道)に基づく東西交易,文化交流の主要な担い手として古くから活躍したが,ヨーロッパ人の新航路発見以来,海上交通の隆盛で打撃を受け,また,近代的交通手段の発達に伴って決定的に衰えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たい‐しょう〔‐シヤウ〕【隊商】

砂漠地方などで隊を組んで旅する商人の一団。キャラバン。
[補説]書名別項。→隊商

たいしょう【隊商】[書名]

《原題、〈ドイツDie Karawaneハウフの童話集。1826年刊。枠物語の体裁をとり、東方世界を幻想的に描いた作品集。「幽霊船の物語」「こうのとりになったカリフ」などの作品を収める。別邦題「キャラバン」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

隊商【たいしょう】

キャラバン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

たいしょう【隊商】

砂漠などを隊を組んで通行する商人の一隊。ラクダなどに物資を積んで行く。キャラバン。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の隊商の言及

【キャラバン】より

…ペルシア語カールバーンkārvānに由来し,隊商を意味する。アラビア語ではイール‘īr,カーフィラqāfila,キタールqiṭārという。…

※「隊商」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

隊商の関連キーワード中央アジアアジアンポップスサヘル地帯遊牧民族中央アジアの草原にて内陸アジア史学会《草原地帯》大草原地帯《中央アジアの草原にて》内陸アジア

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

隊商の関連情報