コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レンズ構造 レンズこうぞうflaser structure, flaser texture

岩石学辞典の解説

レンズ構造

細かく破砕されるか部分的に再結晶されたマトリクスの中で,相対的に変化していない物質のレンズ状のが保存されて存在する構造または組織[Naumann : 1849].斑糲(はんれい)岩や粗粒堆積岩などが差動運動を受けて破砕されレンズ状の塊に引きちぎられ,その間を細粒化し再結晶した鉱物が埋めている構造.破砕をまぬがれた原岩の組織を十分に残し,岩石全体はまだ片岩とよばれるには至らない.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

レンズ構造の関連キーワードメタペグマタイトレンズ状構造レンズ状組織

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android