コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レンズ状片麻岩 レンズじょうへんまがんflaser gneiss

岩石学辞典の解説

レンズ状片麻岩

動力変成作用を受けた岩石の一般的名称で,原岩は普通は火成岩である.粗粒のレンズ状の塊あるいは原岩の眼球状塊を含み,片状の石基は細粒結晶質である[Zirkel : 1893].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

レンズ状片麻岩の関連キーワード動力変成作用鹿塩片麻岩

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android