コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーデ‐ルンペル現象 Leede-Rumpel phenomenon

1件 の用語解説(レーデ‐ルンペル現象の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

レーデ‐ルンペル現象【Leede-Rumpel phenomenon】

ルンペル‐レーデ現象*とも呼ばれる.陽圧皮膚溢血現象.上腕に血圧帯を中程度の強さで10分間巻くと,その部位以下で小さな皮下出血斑が認められる現象で,血管脆弱性,血小板性数異常,あるいは血小板機能異常などによる.猩紅熱やそのほか出血傾向のある疾患の場合にもみられる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レーデ‐ルンペル現象の関連キーワードサンジョンペルスルンペンレー島ガラッシ瞳孔現象キーンベック現象シュトリュンペル現象歯車現象腓骨神経現象ヘヒト現象ルンペル‐レーデ現象

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone