コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーデ‐ルンペル現象 Leede-Rumpel phenomenon

法則の辞典の解説

レーデ‐ルンペル現象【Leede-Rumpel phenomenon】

ルンペル‐レーデ現象*とも呼ばれる.陽圧皮膚溢血現象.上腕に血圧帯を中程度の強さで10分間巻くと,その部位以下で小さな皮下出血斑が認められる現象で,血管脆弱性,血小板性数異常,あるいは血小板機能異常などによる.猩紅熱やそのほか出血傾向のある疾患の場合にもみられる.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

レーデ‐ルンペル現象の関連キーワードルンペル‐レーデ現象

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android