ロデリック マッキノン(英語表記)Roderick MacKinnon

現代外国人名録2012の解説

ロデリック マッキノン
Roderick MacKinnon


国籍
米国

専門
生物物理学者;医師

肩書
ロックフェラー大学教授 米国科学アカデミー会員〔2000年〕

生年月日
1956

出生地
マサチューセッツ州バーリントン

学歴
ブランダイス大学〔1978年〕卒;タフツ大学医学部

学位
医学博士(タフツ大学)〔1982年〕

経歴
ハーバード大学医学部教授を経て、1996年よりロックフェラー大学分子神経生理学・生物物理学研究所教授・所長。’97年よりハワード・ヒューズ医学研究所研究員兼務。この間、’98年エックス線を用いて、神経や筋肉が動くのに必要なカリウムイオンが通るチャンネルの姿を原子レベルで解明。細胞膜チャンネルの構造、働きの研究に新しい道を開いた。2003年生体細胞膜に存在する物質の通り道の研究で、ジョンズ・ホプキンズ大学のピーター・アグレ教授とともにノーベル化学賞を受賞。

受賞
ノーベル化学賞〔2003年〕 ラスカー賞〔1999年〕

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android