所長(読み)しょちょう

精選版 日本国語大辞典「所長」の解説

しょ‐ちょう ‥チャウ【所長】

〘名〙
① 出張所、研究所など、「所」という名称のついている施設の最高責任者。
※水産講習所官制(明治三〇年)(1897)二条「水産講習所に左の職員を置く 所長一人」
② 長じている点。得意とするところ。長所。
※日本詩史(1771)一「固非其所長
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉五「互に其所長を採らずして却て其所短を学ぶ者多し」 〔任昉‐王文憲集序〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「所長」の解説

しょ‐ちょう〔‐チヤウ〕【所長】

研究所・出張所など、所とよばれる施設の長。
長じている点。長所。⇔所短
「互に其―を採らずして却て其所短を学ぶ者多し」〈福沢文明論之概略

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android