コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロマネスカ romanesca

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロマネスカ
romanesca

音楽用語。 16世紀にイタリア,スペインなどで流行した楽曲形式で,低声部に4または8小節の楽句が繰返され,そのうえに旋律をつけるグラウンド・バスの一種。初期の例はスペインのムラダの『リュート曲集』 (1546) などにみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android