コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローテンブルク市庁舎 ローテンブルクしちょうしゃ

世界の観光地名がわかる事典の解説

ローテンブルクしちょうしゃ【ローテンブルク市庁舎】

ドイツ南部、バイエルン州のローテンブルク(Rothenburg ob der Tauber)の城壁に囲まれた旧市街中心にあるマルクト広場に面して建つ、同市の市役所の建物。市庁舎の建物は、1572~1578年にかけて建設された、広場に面したルネサンス様式の建物と、その後の1250~1400年にかけてつくられたゴシック様式の建物の2つの部分からなる。さらに、アーケード部分はその後につくられたバロック様式である。ゴシック様式の古い建物部分には、切妻(きりづま)の壁から高さ60mの尖塔があり、マルクト広場側にある入り口から螺旋(らせん)階段を使って上ることができる。最上階からは城壁で囲まれた旧市街が一望できる。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android