コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

螺旋 ラセン

デジタル大辞泉の解説

ら‐せん【×螺旋】

巻き貝の殻のようにぐるぐると巻いているもの。「螺旋を描く」「螺旋状」「螺旋形」
螺子(ねじ)」に同じ。
[補説]書名別項。→らせん

らせん[書名]

鈴木光司ホラー小説。「リング」の続編に当たる。平成7年(1995)刊行。平成8年(1996)第17回吉川英治文学新人賞受賞。平成10年(1998)飯田譲治監督により映画化。テレビドラマや漫画化作品もある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

らせん【螺旋】

巻貝のからのように渦巻形になっていること。また、そのもの。 「 -状に巻く」 「 -形」 「 -運動」
ねじ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

螺旋の関連キーワードエーレンハフト効果コークスクリューコレステリックサイクロトロンコルニュの螺旋Wヘリックスエクマン螺旋レプトスピラライフル銃コルク抜きコルティ器ヘリックススパイラル螺子ポンプスクリューヘリコイド二重螺旋回り階段生物圏凧貝塚伊吹

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

螺旋の関連情報