コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

螺旋 ラセン

デジタル大辞泉の解説

ら‐せん【×螺旋】

巻き貝の殻のようにぐるぐると巻いているもの。「螺旋を描く」「螺旋状」「螺旋形」
螺子(ねじ)」に同じ。
[補説]書名別項。→らせん

らせん[書名]

鈴木光司ホラー小説。「リング」の続編に当たる。平成7年(1995)刊行。平成8年(1996)第17回吉川英治文学新人賞受賞。平成10年(1998)飯田譲治監督により映画化。テレビドラマや漫画化作品もある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

らせん【螺旋】

巻貝のからのように渦巻形になっていること。また、そのもの。 「 -状に巻く」 「 -形」 「 -運動」
ねじ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

螺旋の関連キーワードモフィット‐ヤンの式エーレンハフト効果コークスクリューコルニュの螺旋サイクロトロンコレステリックエクマン螺旋Wヘリックス螺子ポンプヘリックスコルク抜きスクリューヘリコイドスパイラルコルティ器生物圏凧二重螺旋螺旋転位ループ線ヘリカル

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

螺旋の関連情報