コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローマ時代の水道橋 ローマじだいのすいどうばし

世界の観光地名がわかる事典の解説

ローマじだいのすいどうばし【ローマ時代の水道橋】

スペイン北部、首都マドリードから87kmに位置する古都セゴビア(Segovia)にある、セゴビア唯一の古代ローマ時代の水道橋の遺構。紀元前1~2世紀に、花崗岩(かこうがん)を巧みに積み上げてつくられたもので、全長728m、最も高いところは高さ28.9mに達する。18世紀まで現役として使われ、20世紀半ばまではゼゴビアの北15kmのアセベダ川から水を引き込んでいた。◇古代ローマ時代の水道橋はイタリアやスペインなどにいくつか残っているが、ここの水道橋は最も原型に近い姿で保存されているといわれている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

ローマ時代の水道橋の関連キーワードセゴビア旧市街とローマ水道橋タラゴーナの遺跡群ラベラクルス教会セゴビア大聖堂ポンデュガールガールの水道橋アルカサルガール橋カバラメス

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android