ワイスの晶帯則(英語表記)Weiss' law of zones

法則の辞典の解説

ワイスの晶帯則【Weiss' law of zones】

格子面(h1k1l1)と(h2k2l2)で定まる晶帯を[UVW]としたとき,Uk1l2l1k2Vl1h2h1l2Wh1k2k1h2 である.この晶帯に属する任意の面のミラー指数を(hkl)とすると

UhVkWl=0

である.なお「晶帯」とは一組の面の集まりを指し,それらの面の交線は互いに平行となる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android