コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワディエルヒータン Wadi Al-Hitan

デジタル大辞泉の解説

ワディ‐エル‐ヒータン(Wadi Al-Hitan)

エジプト北部の砂漠地帯、ワディエルラヤン保護区にある化石地域。新生代古第三紀の約4000万年前頃にテチス海という浅い海だった場所で、体長20メートルを超えるクジラの祖先(バシロサウルス科)のほか、さまざまな海洋生物の化石が発掘されている。通称クジラの谷。2005年、世界遺産(自然遺産)に登録された。ワディアルヒタンワディイルヒタン。ワディエルヒタン。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android