コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新生代 しんせいだい Cenozoic Era

6件 の用語解説(新生代の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新生代
しんせいだい
Cenozoic Era

地質時代の年代区分の一つ。約 6550万年前から現在にいたる期間をさす。ジョンフィリップスが命名。古いほうから古第三紀新第三紀第四紀と区分する。中生代に栄えた恐竜類やアンモナイトが絶滅し,代わって哺乳類が繁栄し,鳥類硬骨魚類も多くなる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しんせい‐だい【新生代】

地質時代の大区分で、最も新しい時代。6500万年前から現在まで。第三紀第四紀とに二分される。哺乳類の全盛時代で、被子植物も栄える。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

新生代【しんせいだい】

中生代に続く地質時代名。6500万年前以後現在まで。哺乳(ほにゅう)動物の全盛時代。海生動物では有孔虫,巻貝,二枚貝,硬骨魚の発展が著しい。アンモナイト,恐竜類などは中生代で絶滅し,古いシダ植物裸子植物イチョウ類など)は衰えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しんせいだい【新生代 Cenozoic era】

地質時代の大区分の一つ。地質時代は,先カンブリア時代カンブリア紀以後とに二分され,後者は古い方から古生代,中生代,新生代に区分される。新生代は約6500万年前から現在までの時代で,第三紀第四紀に分けられる。第三紀は新生代の大部分を占める時代で,新生代の始まりから約200万年前までに当たり,ふつうは前半の古第三紀と後半の新第三紀とに分けられる。さらに,古第三紀は古い方から暁新世,始新世,漸新世に,新第三紀は中新世,鮮新世に細分されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しんせいだい【新生代】

地質時代の区分の中で最も新しい代。今から約六千五百万年前から現在までの時代。第三紀・第四紀に二分される。哺乳類・被子植物が発達・繁栄し、末期には人類が出現した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新生代
しんせいだい
Cenozoic era

地質時代の大区分の一つで、中生代に続くもっとも新しい地質時代。およそ6600万年前から現在までの時代をいう。新生代に形成された地層を新生界という。新生代は古第三紀、新第三紀および第四紀に三分される。古第三紀は古いほうから暁新世(ぎょうしんせい)、始新世、漸新世に、新第三紀は中新世、鮮新世に、第四紀は更新世、完新世に細分される。非公式ではあるが、日本では古第三紀と新第三紀は第三紀と総称される。新生代は哺乳(ほにゅう)類の時代とも表現されるように、中生代末の大形の恐竜の絶滅後、陸上を代表する多種多様な哺乳類の進化発展が著しい。また哺乳類以外の生物でも、現在みられるあらゆる生物群の進化発展で特徴づけられる。ヒマラヤ―アルプスなどの大山脈では褶曲(しゅうきょく)、隆起運動の一連の造山運動を経て、現在みられる地形が形成された。第四紀は第三紀に比べておよそ258万年という短い時間しか経ていないが、人類の出現、発展および氷河時代などで特徴づけられる。新生代の気候は、新第三紀中新世中期までは温暖で、以降寒冷化し、とくに第四紀後半は氷期・間氷期の繰り返しで象徴されるように気候変化の激しい時代であった。現在は温暖な間氷期にあたり、それは第四紀の最後の氷期以来約1万年継続している。この時期を完新世、その前の第四紀を更新世とよんでいる。浮遊性微化石による生層序、古地磁気層序、また、放射性同位体による年代層序などによって遠隔地間の正確な対比が可能となり、新生代の詳しい編年が明らかになりつつある。[山口寿之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の新生代の言及

【気候変化】より

…その後,中生代末には地球全体がやや低温となった。(2)新生代 第三紀(6500万~200万年前)にも高温な時代があり,始新世から中新世のころには,熱帯は北緯28゜と南緯28゜の間に幅広く広がっていたと考えられている。亜熱帯は北緯40゜と南緯40゜まで達し,両極地方は亜寒帯の気候で,寒帯気候を欠いていた。…

※「新生代」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

新生代の関連キーワード暁新世始生代鮮新世漸新世相対年代地質時代地質年代顕生代Tethys(地質時代)《地質時代の気候》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新生代の関連情報