コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワロニー方言 ワロニーほうげんWalloon dialect

1件 の用語解説(ワロニー方言の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワロニー方言
ワロニーほうげん
Walloon dialect

ベルギーのリエージュナミュールエノー,リュクサンブールの各州で話される方言。話し手約 400万人。フランス語の方言とみなすことができるが,公用語である標準フランス語とは別個に,地方色豊かな文学を発達させている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のワロニー方言の言及

【フランス語】より

… オイル語圏では共通語の浸透が著しく見られ,パリを囲む広大な地域(東西約400km,南北約250km)では本来の方言は消滅し,ほぼ完全に共通フランス語に取って代わられている。その外側,すなわちオイル語圏周辺部(ことにその農村部)に残る方言群は,ワロニー方言(ベルギー南部。〈ワロン語〉ともいう),ピカルディー方言,ノルマンディー方言,西部方言(メーヌ,アンジュー地方),南西部方言(ポアトゥー,サントンジュ地方),中央部方言(トゥーレーヌ,ベリー地方),南東部方言(ブールボネ,ブルゴーニュ,フランシュ・コンテ地方),東部方言(ロレーヌ,シャンパーニュ地方)のように分類されるが,ワロニー方言をほぼ唯一の例外として,急速に共通語に吸収されつつある。…

※「ワロニー方言」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone