コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワークマン‐レイノルズ機構 Workman-Reynolds mechanism

法則の辞典の解説

ワークマン‐レイノルズ機構【Workman-Reynolds mechanism】

不純物をわずかに含む水が氷結する際に,電荷が分離される機構.ある種の塩の希薄水溶液が急速に氷結すると,固相液相との間に強い電位差が生じる.この機構は雷雨の電荷分離の一つの原因として提案されている.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

ワークマン‐レイノルズ機構の関連キーワード不純物

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android