コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワークマン‐レイノルズ機構 Workman-Reynolds mechanism

1件 の用語解説(ワークマン‐レイノルズ機構の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ワークマン‐レイノルズ機構【Workman-Reynolds mechanism】

不純物をわずかに含む水が氷結する際に,電荷が分離される機構.ある種の塩の希薄水溶液が急速に氷結すると,固相と液相との間に強い電位差が生じる.この機構は雷雨の電荷分離の一つの原因として提案されている.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワークマン‐レイノルズ機構の関連キーワード転炉水質氷結不純物不完全結晶限界温度帯細胞内凍結コンゲロントパッシーアイトリンデの法則(固体物理)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone