コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワークマン‐レイノルズ機構(英語表記)Workman-Reynolds mechanism

法則の辞典の解説

ワークマン‐レイノルズ機構【Workman-Reynolds mechanism】

不純物をわずかに含む水が氷結する際に,電荷が分離される機構.ある種の塩の希薄水溶液が急速に氷結すると,固相液相との間に強い電位差が生じる.この機構は雷雨の電荷分離の一つの原因として提案されている.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android