雷雨(読み)らいう

百科事典マイペディア「雷雨」の解説

雷雨【らいう】

雷鳴電光を伴って降る雨。夏の強い日ざしにより発生する熱雷,前線付近に発生する界雷,低気圧や台風などに関係する渦雷(うずらい)がある。強い上昇流によって成長した大粒の雨や時にはひょうが降ることがある。一般に大きな速度で移動し,熱の場合は毎時30〜40km,渦雷の場合はそれ以上の速さで通過する。→雷雨の鼻
→関連項目驟雨夕立

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「雷雨」の解説

雷雨
らいう
Groza

ロシア劇作家 A.オストロフスキー戯曲。5幕。 1859年 11月 16日モスクワのマールイ劇場初演。ボルガ川河畔のカリーノフカという小さな町を舞台に,19世紀頃のロシアの商人階級の閉ざされた生活の悲劇を描いた作品。

雷雨
らいう

」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「雷雨」の解説

らい‐う【雷雨】

〘名〙 雷雲によって生じ、電光・雷鳴・突風などを伴った雨。《季・夏》
※続日本紀‐天平二年(730)六月壬午「雷雨、神祇官屋災、往々人畜震死」 〔易経‐解卦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「雷雨」の解説

らい‐う【雷雨】

かみなりを伴う激しい雨。 夏》
[類語]暴風雨雨天荒天悪天雨空梅雨空雨降り雨催い雨模様遣らずの雨降雨一雨お湿り慈雨山雨小雨涙雨微雨細雨煙雨霧雨糠雨小糠雨大雨・どか雨・篠突く雨風雨豪雨強雨にわか雨通り雨村雨驟雨夕立白雨スコール照り降り雨日照り雨天気雨狐の嫁入り春雨はるさめ春雨しゅんう卯の花腐し五月雨さみだれ五月雨さつきあめ地雨長雨淫雨霖雨涼雨秋霖秋雨時雨初時雨村時雨氷雨冷雨雨氷酸性雨

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「雷雨」の解説

らいう【雷雨 Léi yǔ】

中国の新劇作品。曹禺処女作。1934年《文学季刊》に発表された。国際的レベルに達した最初のものと評価される。鉱山事業主の家族と30年前にすてた妻子など8人の登場人物が織りなす,変則的恋愛,労働争議を運命的悲劇と社会変動の縮図として表現した。その人物描写の鮮明さ,筋の曲折対話の妙で空前の人気を博したが,国民党に禁演命令も受けた。35年,日本でも上演された。解放後の演出では,階級闘争の面が強調される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

普及版 字通「雷雨」の解説

【雷雨】らいう

雷を伴う雨。〔書、百揆(き)にるれば、百揆時(こ)れ敍(の)ぶ。四門にせしむれば、四門穆穆(ぼくぼく)たり。大麓るれば、烈風雷雨にもはず。

字通「雷」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の雷雨の言及

【雷】より

…雷雲の高さを地表からの距離で表すと,緯度と季節でまちまちになるが,高さをそのレベルの気温で表すと,雷雲は共通して-20℃あるいはさらに気温の低い上層まで発達している。
[雷雲の構造,雷雨細胞]
 雷雲は雷雨細胞(雷雨セル)thunderstorm cellからなる雲の集団であり,単位となっている細胞は,上昇と下降の気流の対からなる直径3~5kmの対流雲で,幼年期,成年期,老年期という経過をたどる寿命45分程度のきわめて短命の気象現象である。幼年期の雲は,多量に水蒸気を含む下層大気の上昇でつくられ,成年期では上昇気流がいっそう強まり,雲の上部に大粒のひょうが形成され,その激しい落下運動にひきずられて下降気流が生じ,図1に示す上昇,下降の気流の対ができる。…

【曹禺】より

…清華大学ではギリシア悲劇など西欧古典戯曲を研究。在学中に創作した《雷雨》(1933)によって劇壇から認められ,つづく《日出》《原野》等の諸作品によって中国近代劇を確立した。その周到な劇的構成と精錬された詩的対話は,他の追随をゆるさない。…

※「雷雨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android