コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヴィーヘルト‐ヘルグロッツの公式 Wiechert-Herglotz' formula

1件 の用語解説(ヴィーヘルト‐ヘルグロッツの公式の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ヴィーヘルト‐ヘルグロッツの公式【Wiechert-Herglotz' formula】

地震波の震源が地表付近にあるとして,震央距離 ⊿ と走時 T とから,地球内部における地震波速度を計算するための公式.EAを地表面,Eを震源,Aを観測点とし,Eから出た地震波ESAが T 時間後に表面距離 ⊿A なる観測点に到達したとする.地震波の最深点をS,A点における入射角を θ,地球の中心OからSまでの距離を r,地球の半径を r0 とし,S点における地震波の速度を v とするならば

となる.ただし q は下の式で求められる

d⊿/dTA走時曲線から求められるので,この式により地下の地震波速度が計算できる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヴィーヘルト‐ヘルグロッツの公式の関連キーワード異常震域地震波震央震源走時曲線余震震源域震源地甘粛地震地震と火山の相補的分布則

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone