コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

走時曲線 そうじきょくせんtime-distance curve

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

走時曲線
そうじきょくせん
time-distance curve

地震学用語。観測点から震源上の地表点までの地表に沿った距離 (震央距離) を横軸に,地震波が震源から観測点に達する時間 (走時) を縦軸に記した曲線をいう。この曲線の形や原点を通るかどうかなどを調べることにより,震源の深さや地球内部の構造の研究に手がかりが得られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そうじ‐きょくせん【走時曲線】

地震波の走時または到着時刻を縦軸に、震央距離を横軸にとり、その関係を示すグラフ。地震解析の基礎になる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

走時曲線【そうじきょくせん】

特定の地震について,グラフの縦軸に各観測点に地震波が到達するに要した時間(走時)をとり,横軸にそれぞれの観測点の震央距離をとったときできる曲線。この曲線から地震波の速度がわかり,地球内部の構造が推定できる。
→関連項目地震学地震波

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そうじきょくせん【走時曲線 travel‐time curve】

地震波の走時と距離との関係を示す曲線のこと。走時とは,震源から放射されたP波S波が,いろいろな経路を伝わって地表の観測点にまで達するのに要する時間で,地震記録上で地震波の到着時刻を読み取り,これから地震の発生時刻(震源時)を差し引くことで求められる。走時曲線で用いられる距離は,震央と観測点を結ぶ大円の長さ(震央距離)であり,kmなど通常の距離の単位,あるいは,この大円が地球の中心に対して張る角度で表される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

そうじきょくせん【走時曲線】

横軸に震央距離、縦軸に走時をとって、各観測点ごとに点を打ち、滑らかな曲線でつないだもの。地下構造を解析する手段にもなる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

走時曲線
そうじきょくせん
travel-time curve

走時と震央距離の間の関係を表す曲線。走時とは、P波やS波などの地震波が、震源を出てから観測点に到着するまでの時間のことである。震央距離とは、震央と観測点の間の距離を、地球表面に沿って測った最短距離のことである。走時曲線は、地震波を多数の観測点で観測することにより得られる。走時曲線を用いて、地下の層構造を推定することができる。[山下輝夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

走時曲線の関連キーワードヴィーヘルト‐ヘルグロッツの公式モホロヴィチッチ不連続面モホロビチッチ不連続面ハロルド ジェフリーズウィーヒェルトジェフリーズ手段

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

走時曲線の関連情報