コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヴィーンの輻射式 Wien's radiation formula

法則の辞典の解説

ヴィーンの輻射式【Wien's radiation formula】

ヴィーンの輻射法則*とも呼ばれる.気体分子運動論から導かれた,黒体輻射放射)のエネルギー分布(波長分布)を表す式.絶対温度を T としたとき,波長 λ と λ+dλ の間のエネルギー密度を Eλdλ とすると

となる.C1C2 はそれぞれ定数である. この式は波長の比較的短い領域で実測値とよく一致するが,もっと広い範囲にもよく適合するプランクの輻射式に含めることができる.テキスト類によっては「ウィーン放射法則」と記してあることもある.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

ヴィーンの輻射式の関連キーワードヴィーンの輻射法則ヴィーンの分布法則ヴィーンの放射法則エネルギー密度ヴィーンC1

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android