コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一つ鉦 ヒトツガネ

大辞林 第三版の解説

ひとつがね【一つ鉦】

歌舞伎の下座音楽に用いる楽器。寺院で用いる鉦の一種で、寺院・墓場などのさびしい場面、特に殺し場などに用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の一つ鉦の言及

【鐘∥鉦】より

…念仏講で打つもので,念仏鉦ともよばれる。歌舞伎囃子では伏鉦に大・小の型があり,大きいものが一つ鉦,中双盤,小さいものが松虫である。一つ鉦は余韻のある音を発し,寺院や殺し場など陰惨さを表すときに用いる。…

※「一つ鉦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

一つ鉦の関連キーワード責め念仏・責念仏当り鉦殺し場鉦鼓墓場ぐち

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android