一休宗純母(読み)いっきゅう そうじゅんの はは

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一休宗純母 いっきゅう-そうじゅんの-はは

?-? 南北朝-室町時代の女官。
南朝の花山院某の娘とも,日野照子(伊予局(いよのつぼね))ともいわれる。後小松天皇寵愛(ちょうあい)されて身ごもるが,ねたまれて追放され,明徳5年(1394)京都嵯峨(さが)で一休を生んだとされる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android