コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後小松天皇 ごこまつてんのう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後小松天皇
ごこまつてんのう

[生]天授3=永和3(1377).6.26. 京都
[没]永享5(1433).10.20. 京都
第 100代の天皇 (在位 1382~1412) 。名は幹仁 (もとひと) 。後円融天皇の第1皇子。母は通陽門院藤原厳子 (三条公忠の娘) 。弘和2=永徳2 (1382) 年6歳で即位し,太政大臣二条良基を摂政に任じた。元中9=明徳3 (92) 年,南北両朝が合一されると後亀山天皇から神器を受けた。応永 19 (1412) 年皇太子躬仁親王 (称光天皇) に譲位し,太上天皇として院政を行なった。永享3 (31) 年に出家し,法諱を素行智と称した。天皇の歌は『新続古今集』に収められている。なお宸筆正本は焼失して伝わらないが,『後小松天皇宸記』というべきものがある。陵墓は京都市伏見区深草坊町の深草北陵。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

後小松天皇【ごこまつてんのう】

南北朝末期から室町初期の持明院統の天皇。在位1382年−1412年。後円融天皇の第1皇子。諱(いみな)は幹仁(もとひと)。1392年南北両朝合一に際し大覚寺統の後亀山天皇から神器を受けた。
→関連項目後円融天皇称光天皇神祇志料

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後小松天皇 ごこまつてんのう

1377-1433 南北朝-室町時代,第100代天皇(北朝第6代)。在位1382-1412。
永和3=天授3年6月27日生まれ。後円融天皇の第1皇子。母は藤原厳子(たかこ)(通陽門院)。父のあと6歳で即位。室町幕府は3代将軍足利義満(よしみつ)の全盛期で,明徳3=元中9年義満の提案をうけいれた南朝の後亀山(ごかめやま)天皇から神器をうけ,南北朝合一がなった。称光天皇,後花園天皇を即位させ,院政をおこなった。一休宗純は実子。永享5年10月20日死去。57歳。墓所は深草北陵(ふかくさのきたのみささぎ)(京都市伏見区)。諱(いみな)は幹仁(もとひと)。法名は素行智。著作に「むくさのたね」,日記に「後小松院宸記(しんき)」。
【格言など】あはれなり小田もる庵(いほ)におくかびの煙や民の思なるらむ(「新続古今和歌集」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

後小松天皇

没年:永享5.10.20(1433.12.1)
生年:永和3/天授3.6.27(1377.8.1)
南北朝・室町時代の天皇(在位1382~1412)。後円融天皇の嫡子。母は三条公忠の娘厳子(通陽門院)。諱は幹仁。永徳2/弘和2(1382)年4月,父帝が譲位したとき崇光皇子栄仁と皇位を争い,将軍足利義満の強力な推挙により親王宣下のないまま践祚。嘉慶1/元中4(1387)年1月元服。明徳3/元中9年閏10月,南朝の後亀山天皇から神器を継承。翌年父上皇の死により親政を開始したが,父の帯びていた叙任権など天皇としての形式的権限はすべて准三后義満が事実上の上皇としてこれを行使,後小松は全くの傀儡であった。天皇家の王権はここに終局を迎える。ところが,次男義嗣を親王に擬しひそかに皇位簒奪をうかがっていた義満が応永15(1408)年未遂のうちに急死し,皇家は空前の危機を切り抜けた。そして将軍足利義持は義満の政策をことごとく覆したため天皇は権威を回復し,同19年8月称光に譲位,院政を復活する。正長1(1428)年称光の病死により栄仁の孫を猶子に迎え,後花園天皇として践祚させた。永享3(1431)年3月出家。一休宗純は長男である。<参考文献>今谷明『室町の王権』

(今谷明)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごこまつてんのう【後小松天皇】

1377‐1433(天授3∥永和3‐永享5)
第100代に数えられる南北朝末から室町初期の持明院統の天皇。在位1382‐1412年。名は幹仁(もとひと)。法諱は素行智。後円融天皇の第1皇子。生母は三条公忠の娘厳子(通陽門院)。6歳で即位,11歳で元服ののち,1392年(元中9∥明徳3)閏10月,両朝合一にさいして大覚寺統の後亀山天皇より神器を受けた。1412年(応永19)8月,皇太子実仁(みひと)親王(称光天皇)に譲位して院政をとり行う。31年(永享3)に出家。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ごこまつてんのう【後小松天皇】

1377~1433) 第一〇〇代天皇(在位1382~1412)。名は幹仁もとひと。後円融天皇の皇子。北朝天皇として践祚せんそしたが、1392年両朝合一の和議が成立して、南朝後亀山天皇から神器を譲り受けた。称光天皇に譲位後は院政を行い、1431年出家。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

後小松天皇
ごこまつてんのう
(1377―1433)

初めは北朝第6代の天皇、のち第100代天皇(在位1382~1412)。名は幹仁(もとひと)。法名素行智。後円融(ごえんゆう)天皇の第1皇子。母は通陽門院藤原厳子(げんし)。父天皇の譲を受けて位につき、1392年(元中9・明徳3)閏(うるう)10月、南北両朝の合一により南朝後亀山(ごかめやま)天皇から神器を受け、後小松天皇の一統に帰した。1412年(応永19)位を皇子称光(しょうこう)天皇に譲って院政をとり、31年(永享3)出家後もこれを続け、永享(えいきょう)5年10月20日没す。御陵深草北陵に葬る。[村田正志]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

後小松天皇 (ごこまつてんのう)

生年月日:1377年6月27日
室町時代の第100代(北朝第6代)の天皇
1433年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

後小松天皇の関連キーワード土御門有世大日本野史一休宗純母承道法親王大日本史一休禅師皇朝史略光範門院竹田善慶北畠満雅生年月日山科教興山科家豊紀俊長小川宮聖皐和議一休康応至徳

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後小松天皇の関連情報