寵愛(読み)チョウアイ

  • ×寵愛

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)特別に大切にして愛すること。「寵愛を受ける」「王妃を寵愛する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 特別に大切にして愛すること。非常にかわいがること。寵幸。
※続日本紀‐天平宝字八年(764)九月壬子「時道鏡常侍禁掖、甚被寵愛
※今昔(1120頃か)三「我、大王に寵愛せられて仏法の名字を不聞ず」 〔晉書‐馮紞伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寵愛の関連情報