一力 次郎(読み)イチリキ ジロウ

20世紀日本人名事典の解説

一力 次郎
イチリキ ジロウ

大正・昭和期の実業家 河北新報社長;東北放送社長。



生年
明治26(1893)年8月12日

没年
昭和45(1970)年7月7日

出生地
宮城県仙台市

学歴〔年〕
京都帝国大学法学部〔大正6年〕卒

主な受賞名〔年〕
仙台名誉市民〔昭和39年〕

経歴
河北新報を創立した健治郎の次男。コロンビア大学政治科で学び、帰国後弁護士となったが大正13年河北新報に入り、副社長として父を助け、昭和4年社長となり、経営に手腕を発揮した。21年会長。また東北放送を創立、29年社長となった。後会長、相談役となったが、このほか各種事業も手がけ活躍した。39年仙台名誉市民に推された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

一力 次郎 (いちりき じろう)

生年月日:1893年8月12日
大正時代;昭和時代の新聞経営者。河北新報社長;東北放送社長
1970年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android